フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« SCREW - Cursed Hurricane (2010) | トップページ | INORAN - Hide and Seek (2011) »

2016年5月 5日 (木)

SCREW - Teardrop (2013)

Teardrop_c

01. Teardrop
02. Blood Sucking Freak
03. ANIMA

SCREWが2013年にリリースしたメジャー第2弾シングル。
私が持っているのは通常盤で、#3が収録されている。初回限定Aは#1のMVとそのMaking、2012年10月にTsutaya O-WESTで行われたライヴ映像(XANADU)が、初回限定Bには同じく同日程ライヴのドキュメントがDVDとして収録されている。

#1は、バンド初となる所謂バラード。the GazettEでいうPLEDGEとかそういう感じのメジャー感のある切ない曲です。

#2は、デジタル色の強いパーティーチューンで、これ以降発売されるシングル"CAVALCADE","FUGLY"に近い。サビのメロディが異常にキャッチーでただのチャラい曲に終わらない憎めない1曲。

#3は通常盤のみ収録。ターンテーブルのスクラッチ音のイントロからまたサイバー系の曲かと思いきや、バンドサウンドをメインとしたダーク系の曲。ボーカルも機械加工したり常に囁くような感じでハードなパートでは咆哮系の声を使っている。インダストリアル由来の無機質さ、冷たさが押し出された曲ですね。途中の攻めるパートはカッコいい。

メジャーにいくとバラードが求められるのは避けられぬ宿命なんでしょうかね。元来ダークでラウドな曲をメインにしていた彼らにはバラードは慣れていない感じが否めませんでした。

デジタル期のSCREWが好きならカップリングの#2はお勧めです。Black Gene for the Next Themeみたいな一時流行ったトランスコア系V系が好きな人は聴いてみていいと思います。個人的には#3のANIMAが渋めでかっこいいなと思ってるけど。

おまけでVoの鋲とPenicillinのHAKUEIの対談が記事になってたのでリンク貼っときます。
http://natalie.mu/music/pp/screw

#1 Teardrop


#2 Blood Sucking Freak


#3 ANIMA




にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

« SCREW - Cursed Hurricane (2010) | トップページ | INORAN - Hide and Seek (2011) »

SCREW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135356/65325895

この記事へのトラックバック一覧です: SCREW - Teardrop (2013):

« SCREW - Cursed Hurricane (2010) | トップページ | INORAN - Hide and Seek (2011) »

ブログランキング

相互リンク

  • クソ (へっくん)
    最新のポストハードコアを中心に紹介してます。シーンの最前線に居たければチェックすべし。
  • Hard, Loud, Dirty and Proud! / X(Peke)様
    ハードロックからメタルコアまで幅広い新譜アルバムのレビューを丁寧にされています。全メタラーさんが参考にできるレビューサイトです。
  • Thrash Attack!!(へたれ学生様)
    オールドスクールなスラッシュメタルを中心にマニアックなNWOBHMも紹介しているレビューブログです。オールドスクールで攻撃的なメタルが好きなメタラーさんはすごく参考になると思います。
  • Hail The Metal(Metal系YouTube動画保管庫) (LITANY様)
    主にYouTubeやbandcampといったサイトで仕入れた超アンダーグラウンドなエクストリームメタルバンドを紹介しているブログです。メタルコア/デスコアからブラックメタルまで幅広くカバーされてて情報収集力に脱帽します。
  • 調子にのったメタマニがブログをはじめましたよっと....φ(・ω・` )カキカキ(メタマニ様)
    Twitterでもクサメタルについて多くのつぶやきをされてるクサメタルを愛好する管理人さんによるブログ。メジャーバンドの新譜情報やマニアックで素晴らしいバンドの発掘など、情報量の多さが魅力的です。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31