フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

ライヴ参戦記

2013年7月17日 (水)

Merging Moon神隠しツアーファイナル@渋谷CYCLONEライブレポ!

Image1

先週の土曜日に東京のメロデスバンドMergingMoonの2ndアルバム”神隠し”のレコ発ライヴに行ってきました!

場所は渋谷CYCLONE!
Bpek9mhcmaawt6fjpg_large

出演バンドは

PhantomX (東京)
Oh, God this is plague of war (兵庫)
The Darkness of Lucifer(愛知)
Each Of The Days (愛知)
MergingMoon(東京)

用事があったのでトップバッターのPhantom X(トム男)は観れなかったのですがライヴ観た友人曰く楽しさは全バンド中トップだったらしいので素晴らしいライヴだったそうです。メンバーの人めっちゃ面白い人ですw

ということで次は兵庫出身Oh, God this is plague of warです!



初めて観るバンドだったのですが、迫力あるライヴですごくよかったです!国内のメタルバンドに多い叙情系のメタルコアでメロディを聴かせるところは聴かせていきなり落とす感じのかっこいいハードコアでした!ヴォーカル中心にメンバーもよく動いていて楽しかったです!結成4年という若いバンドでしたがかっこよくてまたライヴみたいなって思わせるライヴでした。上記リンクからは”Not of Losing Myself”が聴けます。厳つくてカッコいい曲です!



次は愛知出身メタルコアバンドThe Darkness of Lucifer(ルシ男)です!



こちらも2009年結成の若いメタルコアバンドですが最近だとAS BLOOD RUNS BLACK、FOR THE FALLEN DREAMSといった海外のメタルコア/ハードコアバンドのサポートを務めた実力派バンドで、今回ライヴが観れるのを楽しみにしていました!
ライヴは評判通りよくて、勢いのあるメタルコアでセンス抜群のブレイクダウンと2stepパートでフロアを盛り上げてました!OGTIPOWでできたピットよりも大きなピットでハードコアモッシュが見れました!演奏もよくてミスもなかったし、ヴォーカルのMCもハードコアらしくかっこよかった!上に張った曲”Watchout Enemy Come”は曲のかっこよさから大盛り上がりだったので是非聴いてみてください!



次はお目当てのバンド愛知出身EACH OF THE DAYSです!

Each_of_the_days

あのUNEARTHのヴォーカルに絶賛を受け海外リリースもされた名古屋を代表するバンドでMVになった曲”Scarface”を聴いて以来夢中になったいたバンドで、最前列で観ました!
女性ドラマーがいなくてサポートドラマーだったのですが、そのドラマーがなんと17歳のKenTというドラマーでTrivium来日公演などにも出演した話題のドラマーでした!ライヴ終ってから話したんですけど話すと普通の高校生なのにすごかった!ツインギターに加えてパーカションも加えた6人編成のライヴは正直サイクロンは少し狭かったと思いますがその分ビジュアル的にもめちゃめちゃ迫力がありました!そしてなんといってもヴォーカルのNorioさんの圧倒的なカリスマ性!MCの煽り方、そのステージ上での動きなど圧倒的でしたね。全然ほかのバンドとかとレベルが違う。男らしいクリーンとスクリームの使い分けもめちゃくちゃうまい。一回ライヴで観てみてほしいです。音源もめちゃくちゃかっこよかったけどライヴ観たらホントハマるバンドだと思います。あとEOTDはちゃんとメタルを聴いて育ったメタルコアバンドだと思います。ギター聴けばわかる。だからメタラーならメタルコアだから、国内バンドだからっていって聴かず嫌いするのすごくもったいないと思う。
”Scarface”の時の盛り上がりはやばかった!めっちゃでかいサークルピットできてたしモッシュも激しかった!また来月東京に来るらしいからめちゃくちゃ楽しみ!


そしてトリのMergingMoon

青山学院大学のメタルサークルNaked Wednesday在籍のプレイヤーがいること、美人女性Voがいることでも話題のメロデスバンドで、その音楽性の高さから若手バンドながらついに2ndアルバムをリリースするまでになりました。僕が高校の頃聴いたときは和風メロディを入れたメロデスという印象だったのですが、今回リリースする2ndは随分雰囲気が変わって1stの影響に加えてエレクトロやメタルコア要素が加わってライヴ映えする個性派メタルコアになった印象です。まずヴォーカルのUが和服姿で登場し、いままでの雰囲気から一転して華やかなステージになりました。ところがヴォーカルとしてもすごくスキルがたかくてクリーンVoから邪悪なグロウル、超高音スクリームまで上手く使い分けていてすごいなーって思いました!和服なのにステージを走り回ったりなどアクティヴな動きでライヴを盛り上げていました!ほかのメンバーも狭いステージのなか激しいパフォーマンスで、EOTDに負けぬ盛り上がりを見せていました!メロデスという音楽性ながらモダンな感性でサークルピットを誘発する曲作りなどうまいなぁって思いました。ハードコア勢に比べて劣ってなかったです。MCとかなしにあれだけ盛り上げられるのはすごい!会場で初めて聴いたバンドだったけどとてもおかったと思います!新体制になってから2年でこの勢いの期待できるバンドだと思います!


今回観た4つのバンドのどれもがレベル高くてしかもシーン全体が盛り上がっているなぁっていう印象を受けました。シーン全体の年齢層が若いこともありこれからメタルコア/ハードコアを中心として日本のラウドロックシーンがまだまだ成長できることを実感したいいライヴ企画でした。またライヴ行きたいな。
この前いった三重のスラムデスHOSTILE EYESのライヴ行ってスラムデスの良さが分かったしライヴ行くと毎回刺激受けるから海外と変わらないクオリティのバンドのライヴを国内なら安く見れるんだからどんどんライヴ行ってみたらいいと思う。いまだとTwitterとかでライヴ一緒に行く人もたくさんいるしリアルな音楽仲間を作って音楽をもっと楽しむためにもライヴは凄くいい機会だと思う。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

2013年7月 8日 (月)

イベントレポート! HELLYEAH!! WASEDA主催メタルサミットvol.4

Hell_yeah_waseda

こんばんは。久しぶりの更新になります。
今日は先日7/6に行われた早稲田大学を中心とした学生団体HELL YEAH!! WASEDA主催のイベント 「メタルサミットvol.4」というイベントに参加してきました!

そもそもメタルサミットとはどういうイベントなのかを軽く説明すると、主に大学生が中心となってメタルを中心としたラウドミュージックをもっと広めていくために何が出来るかを話あうイベントで、さらに業界人ゲストを呼んで業界側の意見もリスナーである学生に伝えていく、って感じです。

まずはイベントの趣旨が興味深かったです。今やサブカルチャーの地位に落ちてしまったメタルを中心とするラウドミュージックをもっと広めていくために若い世代がどうするか、という漠然とした話題を話し合うことで少しずつ現実化していく。他に類を見ないイベントであると思う。

いざイベントが始まると、まずは主催団体HELL YEAH!! WASEDAの紹介。今回のメタルサミットのようなイベントや、大学のメタルサークルに加えてゲストバンドを招待して行うHELL YEAH!! FESTの開催(以前ライヴレポ掲載しました)などを主催しています。

次はゲストスピーカーによる講演。

まず1人目は国内のメロディック・メタルを中心にリリースするレーベルBlack-listed Productions社長大西氏。

代表的アーティストにAncient Myth,Knights of Round,Hellhound,Balfrare,Azrael,Cross Veinを揚げる同レーベルは現状CDセールスが非常に厳しいことを語ったうえで、広告媒体の少なさをその原因の一つとして挙げた。確かにBURRN!みたいな大手雑誌に広告を出すのは費用もかかるのでそれだけでは厳しい。そこで同社では、Radio T.N.Tという国産メタル/ハードロック/ヘヴィロックに特化したポッドキャスト・ステーションを開始し、インターネットを通じた新たな広告媒体の活用に注目している。また、TURN THE TABLEという国内HR/HMバンドメンバーをDJに迎えたイベントを開催する。同氏は昨今から流行り始めた嬢メタルにも注目をしているようで、国内バンドのリリースを増やすことも検討しているとのこと。

2人目は国内外のハードコア・メタルコア・スクリーモ・エモ系バンドを扱うレーベルのgarimpeiro records社長関口氏。

元々アメリカでオンライン通販をしていた株式会社STM内で始動した同レーベルは2009年頃から売れなくなってきた海外バンドからいきなりヒットを飛ばした国内契約第一弾アーティストFEAR FROM THE HATEをきっかけに国内バンドの可能性を感じて国内バンドとの契約を中心に行うようになった。関口氏はCDセールスの代わりにライヴの入場料や物販に力を入れること、ポストハードコアにおける女性ファンの増加、海外市場という3つについて語った。まず、ライヴに力を入れるのは、CDセールスの減少と反比例してライヴ動員数が増えていることからライヴでの物販や入場料に注目すると語った。また、いままで男性主体だったメタルやハードコアシーンにおいて主にポストハードコア/スクリーモバンドのライヴで女性客が増えていることに新たな可能性を感じているようだった。そして海外市場について。先日所属バンドのASHLEY SCARED THE SKYがインドネシアで公演を行った時に、同バンドのCDがほとんど流通していない現地のキッズたちが1000人規模でライヴに足を運んだこと、現地で日本のバンド(CROSSFAITHなどを筆頭に)の知名度がかなり高かったっことから日本のみにとどまらず海外に目を向けるきっかけになったという。

以上2人のゲストスピーカーの話をまとめると

・成長している国内嬢メタルシーン
・インターネットを活用した新しい宣伝媒体の開発

・ライヴの入場料、物販
・ポストハードコアシーンにおける女性ファンの増加
・海外(主にアジア圏)への進出

どれも実際にレーベルを経営した経験、そして現状を知らなければ知ることのなかったことでした。この講演で得た知識を僕たち若い世代がどう動かしていくかはまだわからないけど非常にためになったと思う。

また、国内のデスメタル/ブラックメタルバンドを中心にライヴのブッキングをする非営利団体TOKYO DARK FESTの方も来てくださり、8月21日に行われるオーストラリアのNE OBLIVISCARIS来日公演のお話などをしてくださりさまざまな方面から国内のメタルシーンを支えている方々の話を伺うことができました。

No

というわけでこれからのメタルシーンを盛り上げていくうえで何が必要なのか、答えは一つではないけどそれを考える大きなきっかけになりました。学生が業界人とコミュニケーションを取れる機会は貴重です。メタルシーンについて考えてみたいと思う学生は次回(?)足を運んでみてはどうだろうか。



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

2013年5月 4日 (土)

メタルの輪を広げる祭典 HELL YEAH!! FEST vol.3 レポート3/3

Photo

今日の記事は先日4月28日に高田馬場CLUB PHASEで開催されたHELL YEAH!! FEST vol.3の感想というかライヴレポみたいなのです。

このフェスを簡単に説明すると関東のメタルサークルが合同でライヴを一日ぶっ通しで行い、これから大学でメタルをやろうと思う人を増やしていくみたいな感じで、これからシーンを動かしていく若い世代のメタルを盛り上げようというものです。

また、国内シーンの応援という意味から HONE YOUR SENSE, A GHOST OF FLAREという 2つの実力派メタルコアバンドがゲストとして登場して非常に規模の大きなイベントでした。

出演したバンドは以下の通りです(コピペ)

Light Music研究会 (明治大) Pantera

理科大ロック研究会 (東京理科大) Exodus

Defenders Of Metal (立教大) Satan

Naked Wednesday (青山学院大) The Black Dahlia Murder&Heaven shall Burn

東工大ロック研究会 (東工大) ベイエリアスラッシュオムニ

音楽企画倶楽部 (法政大)   Exhumed

Over All Music (立教大) Nocturnal Bloodlust

SWS (早稲田大) Metallica

A Ghost of Flare  Guest:Garimpeiro Records所属

Keio SoundShip (慶應大) ブラジリアンメタルオムニ

HEATWAVE (中央大) Tool

い軽音 (慶應大) :The Ghost Inside

HEAVEN (早稲田大):Anthrax

Hone Your Sense Guest:Metal Battle Japan 2012優勝&Wacken Open air 2012出演

以上コピペ。そろそろ感動を忘れてくるときです。まずい。

てことで今日はゲストバンドA GHOST OF FLAREです!

Agof

AGOFことA GHOST OF FLAREは東京で活動しているメタルコアバンドで多くの来日した海外バンドの前座を務め知名度をあげてきたバンドです。最近だとAS BLOOD RUNS BLACKのツアーで前座やってて、僕はその時初めて彼らを観て素直にいい曲書くな~って思った。当日の観客にはAGOF目当てのお客さんもそこそこいたからフロアはキャパオーバーの満員状態でオープニングナンバーからサークルピット、ハーコーモッシュの連続でプロバンドの威厳を感じた。あとやっぱりMCが上手い。さすがにライヴの経験値が高いだけあってはっきり通る話し方でシンプルに話せていていたのはさすがだなって思った。あとはライヴの煽りもさすがで一緒にコーラスを歌わせたりピットを作ったりするのはあれだけの経験値がないとできないんだなって思った。締めはMVになった”Rain Named Desire”で2回の大きなブレイクダウンではでっかいピットができてて激しいハードコアモッシュが観れた。

Img_6957

次はANGRA,HIBRIAというブラジルの2つのパワーメタルバンドを演奏した慶應義塾大学KSS!

Img_7398

激しいメタルコアを演奏したAGOFの次という出演順ながら素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた彼らはHIBRIAの名曲”Tiger Punch”でライヴをスタート。スラッシュやメタルコアなどが多かった中で数少ないシンガロングできる曲を演奏したので正統派パワメタが好きで足を運んだファンは積極的にフロア前面に進んで一緒に歌っていてすごくよいライヴだった。またあのハイトーンヴォーカルをミスなく歌い続けられるヴォーカルもすごくうまかったし、ギターコンビもパワーメタルらしくかっこいいソロ、リフを決めて場を盛り上げていた。こういうのってやっぱりメタルコアとかじゃ見られない光景だからこういうパワーメタルを演奏してくれるバンドっていいよね。特にANGRAではドラムの手数がやばいことになってるけどそれを叩ききるドラマーもすごかった。

Img_7410


次はアメリカのへヴィロックバンドTOOLを演奏した中央大学HEAT WAVE!
Heatwave
いきなりイケメンを使ったサークル紹介が流れて会場が爆笑の渦に包まれていましたw
ギャクセンの高さに驚かされたのですが、それ以上に驚かされたのは演奏技術の高さ!
圧倒的なグルーヴ感を出していたベース、テクニカルなギターが全バンド中一番目立っていました!出演していた他大学のバンドメンバーも一番はHEATWAVEだと声を合わせるほどの完成度で、気怠さを醸すヴォーカルスタイルから激情を込めたシャウトまでこなす表現力豊かなヴォーカルも高い完成度を見せつけていました。家帰ってTOOL初めて聴いてみましたwww


次は個人的に大好きな叙情ハードコアバンドTHE GHOST INSIDEを演奏した慶應義塾大学い軽音!
Photo_2

AGOFで暴れまくったモッシャーたちがもうひと暴れするか~といって待ち望んでいたTGI。
オープニング曲からテンションマックスでブレイクダウンパートでのハーコーモッシュは相変わらずでしたw新歓ライヴとかでもそうだったけどwクリーンヴォーカルを導入した3rdの曲を中心に演奏したのでヴォーカルは大変そうで、MCでは声でねえわ~といいながら迫力あるスクリームを終始続けていて、途中からはなぜかベーシストが加わってツインヴォーカル体制になってステージ映えもよかったです。そしてラストは2nd収録の名曲”Unspoken”で、フロア前では”GIVE IT ALL!!!”の大合唱が起こってすごく盛り上がってました!俺も歌ってたしw


そしていよいよラスト2バンドとなりました。スラッシュ四天王と呼ばれながら少し影の薄い(失礼)ANTHRAXを演奏した早稲田大学HEAVEN!
Heaven
噂では聞いていたけどヴォーカルがイケメンだwww
そしてライヴもイケメンというか煽りがすごく上手くて終始フロア前方が常にこぶしを振り上げて合唱している素晴らしいライヴでした。こんなにリア充感のあるメタルのライヴはないとみんな言ってました(笑)
でも機材の調子が振るわずギターの弦が切れるアクシデントが起こってしまい、どうなるのかな~と心配する暇もなく聞こえてきたのはJUDAS PRIESTのメタルクラシック”Painkiller”!
これは驚きました。予期せぬアクシデントにも慌てることなく客を楽しませる演奏力以上のすごさを感じました。しかもヴォーカルが普通にうまい!そして次はどうするんだ?と思ったら聞こえてきたのはスラッシュメタルの帝王SLAYERの”Angel Of Death”!まさかここでこの曲が来るとはwwwすごい!演奏も抜群のキレですごくかっこよかった!ギターが復帰して最後にANTHRAXで締めてアクシデント含め最高のライヴだったと思います!


そしておよそ10時間にわたるフェスもトリを迎え、登場したのは昨年Metal Battle Japan 2012で優勝し、ドイツのメタルフェスWacken Open Airへの出場を果たした東京のメタルコアバンドHONE YOUR SENSE!
Hys
僕は彼ら(HYS)を観たの初めてだったのですがその圧倒的なライヴパフォーマンスに驚きを隠せませんでした。その攻撃的な音楽はヴォーカルが煽らなくても自然とモッシュが発生し、ライヴ会場がHYSに洗脳されているのかのような感じでした。ここまで空間を支配できるのは曲の完成度に加えてヴォーカルの強いパフォーマンスのおかげだと思う。ハードコア界隈はかっこいいフロントマンが多いけど今まで見てきたメタルコア系のバンドの中でも会場を引っ張る力のあるフロントマンだと思った。これは文字で紹介されてもわからないと思うから一回ライヴに行くことを勧める。最後には強烈なウォールオブデスも起こり、全員がすべてを出し切ってライヴを終えた。
Hone_your_sense

最後に去年のWackenでの映像を載せてライヴレポの締めにします。



今日でバンドごとのライブレポは終了です。
明日はこの大きなイベントを通じて僕自身が思ったことを思うがままに綴ろうと思います。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

2013年5月 1日 (水)

メタルの輪を広げる祭典 HELL YEAH!! FEST vol.3 レポート 2/3

Photo



今日の記事は先日4月28日に高田馬場CLUB PHASEで開催されたHELL YEAH!! FEST vol.3の感想というかライヴレポみたいなのです。

このフェスを簡単に説明すると関東のメタルサークルが合同でライヴを一日ぶっ通しで行い、これから大学でメタルをやろうと思う人を増やしていくみたいな感じで、これからシーンを動かしていく若い世代のメタルを盛り上げようというものです。

また、国内シーンの応援という意味から HONE YOUR SENSE, A GHOST OF FLAREという 2つの実力派メタルコアバンドがゲストとして登場して非常に規模の大きなイベントでした。

出演したバンドは以下の通りです(コピペ)

Light Music研究会 (明治大) Pantera

理科大ロック研究会 (東京理科大) Exodus

Defenders Of Metal (立教大) Satan

Naked Wednesday (青山学院大) The Black Dahlia Murder&Heaven shall Burn

東工大ロック研究会 (東工大) ベイエリアスラッシュオムニ

音楽企画倶楽部 (法政大)   Exhumed

Over All Music (立教大) Nocturnal Bloodlust

SWS (早稲田大) Metallica

A Ghost of Flare  Guest:Garimpeiro Records所属

Keio SoundShip (慶應大) ブラジリアンメタルオムニ

HEATWAVE (中央大) Tool

い軽音 (慶應大) :The Ghost Inside

HEAVEN (早稲田大):Anthrax

Hone Your Sense Guest:Metal Battle Japan 2012優勝&Wacken Open air 2012出演

というまずはコピペ。そろそろ感動を忘れそうなので忘れないうちに文字にしておこう。

ブログもそうだし日記とか書いてあとで読み返すの好きなエモーショナルな少年なのですてへぺろ。

てことは今日は東工大ロック研究会からゲストバンドのA GHOST OF FLAREまでのレポ書こうかな~

まずはベイエリアスラッシュからTESTAMENT,EXODUS、そしてなぜかOVERKILLを演奏した東工大ロック研究会!
Photo_2

東工大といえばダボダボのチェックシャツにジーパン眼鏡ばっかの大学とよくネタで煽られてます(MCでも言ってたしw)が、クールなバンドTシャツに身を包んだ5人組が登場!いきなり高速でザクザク刻むギターリフとズシンと響くドラムによってフロアは大盛り上がり!しかもライヴの煽りも上手だったので、スラッシュメタルでサークルピットやモッシュが起こって大盛り上がりでした!最後2曲続けてウォールオブデスをやったのは凄かった・・・2曲続けては体がボロボロだお・・・
スラッシュはあんまり聞かないけどライヴはすごく楽しかったからまたじっくり聴いてみようって思った。こういうのライヴの魅力だよね。




次はゴアメタルEXHUMEDを演奏した法政大学音楽企画倶楽部!

Photo_3

あえてEXHUMEDをコピーするあたり一味違うwww
そして4人全員EXHUMEDバンドTで統一してたのもよかった!
で気になる演奏ですが、まずヴォーカルがすごい!ギタボなのに超高音絶叫と低音ガテラルを全力で出しててすごかったw特に低音ガテラルは迫力がやばくて地獄からの叫びという表現がぴったりだった。あとはドラムのブラストもすごかった。よくあんな速いの叩けるし踏めるな~って思った(ドラムやったことないけどたぶんすごい!)普段デスメタル聴かない人は新しい魅力に気づいたライヴだったと思う。演奏すげぇ

次行きます!お坊ちゃま大学と思われてる立教大学のメタルサークルALL OVER MUSIC!
コピーしたバンドは日本のNocturnal Bloodlust!
Img_6464

Photo_4
写真みただけでなんだよV系かよ、とか思った人いるでしょ?!
下に張る音源聴いてみればわかるけど強烈なガテラル、超重量系のヘヴィなギターリフ、凶悪なブレイクダウンを中心に曲展開するデスコアバンドなんです。俺もヘルフェスで初めて聴きましたが←
で、ヘルフェスの話に戻すと、おおメンバーがイケメンではないか?!でもそのメンバーが奏でるサウンドは極悪そのもの。ブレイクダウンパートではハーコーモッシュのオンパレードで盛り上がりもすごかった!しかも海外のデスコアサウンドに加えてエモーショナルな展開が入るのが日本のV系の美意識というもの。素晴らしい。
途中でHELL YEAH!! WASEDA 会長の宮久保さんが飛び入りで強烈なガテラルを披露してくれました!
Img_6525



さて次行きます!メタルといえばこれ!METALLICAを演奏した早稲田大学SWS!
Img_6723
有名曲に絞ったセトリは会場のメタルファンを統一しているかのように全曲シンガロング、ヘッドバンギングというこれぞメタル!という雰囲気でした。
終わり2曲。MCの途中から有名なあのイントロが聴こえてきてBattery!!!
ベッタベタですがそれがいい。熱いピュアメタル。メタルに対するメタラーの愛というか忠誠心のすごさに感動。ラストは言わずもがな、マスター!マスター!です。愛してるよメタル。

疲れたし今日はここまでにします!今日から高クオリティの写真が使えるようになりましたw昨日紹介したバンドさんすいません・・・




にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

2013年4月30日 (火)

メタルのわを広げる祭典HELL YEAH!! FEST vol.3ライヴレポート!part1

Hellfes1


おはようございます!最近全然更新できなくて知らぬまにアクセス数が・・・と思ってたら普段通りでしたありがとうございますwww

今日の記事は先日4月28日に高田馬場CLUB PHASEで開催されたHELL YEAH!! FEST vol.3の感想というかライヴレポみたいなのです。

このフェスを簡単に説明すると関東のメタルサークルが合同でライヴを一日ぶっ通しで行い、これから大学でメタルをやろうと思う人を増やしていくみたいな感じで、これからシーンを動かしていく若い世代のメタルを盛り上げようというものです。

また、国内シーンの応援という意味から HONE YOUR SENSE, A GHOST OF FLAREという 2つの実力派メタルコアバンドがゲストとして登場して非常に規模の大きなイベントでした。

出演したバンドは以下の通りです(コピペ)

Light Music研究会 (明治大) Pantera

理科大ロック研究会 (東京理科大) Exodus

Defenders Of Metal (立教大) Satan

Naked Wednesday (青山学院大) The Black Dahlia Murder&Heaven shall Burn

東工大ロック研究会 (東工大) ベイエリアスラッシュオムニ

音楽企画倶楽部 (法政大)   Exhumed

Over All Music (立教大) Nocturnal Bloodlust

SWS (早稲田大) Metallica

A Ghost of Flare  Guest:Garimpeiro Records所属

Keio SoundShip (慶應大) ブラジリアンメタルオムニ

HEATWAVE (中央大) Tool

い軽音 (慶應大) :The Ghost Inside

HEAVEN (早稲田大):Anthrax

Hone Your Sense Guest:Metal Battle Japan 2012優勝&Wacken Open air 2012出演

という感じで正午から午後10時にわたる長期戦でしたw

今日はPANTERAを演奏したLight Music研究会からモッシュ地獄の青山学院大学Naked Wedsndayまでのレポート書きます!

まずは明治大学Light Music研究会!

Pantera


トップバッターということもありフロアは半分くらい空いてましたが、個人的にはぶっちぎりでかっこよかったです!プロのライヴでもトップバッターは基本的に苦戦を強いられるというかフロアを頑張って盛り上げるのに苦労するのに開始25分という短い時間でフロアは完全にPANTERAに魅了されてました。フィルのヴォーカルって普通のスクリームやグロウルと違って地声を生かした攻撃的な歌唱なのに、見事に再現というか自己流のアレンジも加えながら完璧に歌いこなせててびっくりしたしめっちゃかっこよかった!ライヴでの煽りも上手でギターソロではギタリストに注目を浴びせたりしててとにかくライヴしてました!演奏もぶっちぎりで巧いと他サーの出演者からも評判ですごかった。そしてLMもすごかったけどシンプルなのにあれだけ印象深い名曲を残したPANTERAの偉大さを感じた。エクストリームミュージックの大きな手本だと思う。

次はベイアエリアスラッシュの王EXODUSを演奏した理科大ロック研究会!

763346526

よくわからないバンジョーのSEで登場した彼らがSE後に演奏した曲は名曲”Bonded  by Blood”!PANTERAで暖まったフロアはもうこの曲で爆発!?と思いきや演奏のかっこよさに魅せられてひたすらヘドバンに勤しんでましたwwwヴォーカルの高音シャウトもかっこよかったし、低音で唸るとこはグロウルとはまた違うそれですごくかっこよかった。EXODUSは全然詳しくないから何の曲やったかは覚えてないけどすごく練習したんだなって思わせるクオリティでギターのかっこよさに惚れた。でも一番面白かったのはMCだったwww基本的にバンドマンのMCって上からというか着いてこい的なオラオラ系なのに理科大の人たちはめっちゃ真面目というか「そこにピット作ったりしてくれる~?」的な初めての低姿勢MCに爆笑したwwwPANTERA観なかった人も損だけどこのMC聞けなかったのも同じくらい損だと思うwww

次は立教大学Defenders of Metalで、演奏するバンドはなんとNWOBHMでも少し影の薄い(失礼)なSATAN!

Satan

スラッシュのあとNWOBHMが来るのか~と思っていたら超びっくり!メッチャかっこいいじゃないですか!メタルのゴリゴリ押すリフとは違うけどハードロックの影響が強いグルーヴ感のある骨太なリフでヴォーカルは高いハイトーンヴォイスを操るすごいバンドでした!正直NWOBHMとか全然聴かないし古臭いイメージがあったんですがライヴ観て印象が変わりました。え?NWOBHMかっこいいじゃん!絶叫してブラストしまくるだけがかっこいいわけじゃないんだよ!たぶん観客の中でSATANを聴きこんでますって人は多くなかったと思うけどあのライヴ観たら家帰って聴いてみようっておもうんじゃないかな!ヴォーカルのキングダイヤモンドみたいなハイトーンやばかったしバンドとしてのレベルも高かった!この記事読んでる人にはSATAN聴いてみてほしいな。

次は清楚系大学青山学院大学Naked WednesdayでコピーするバンドはなんとUSメタルコアバンドTHBLACK DALHIA MURDERとジャーマンメタルコアの帝王HEAVEN SHALL BURN!

Hsb


シーンとした会場で聞き覚えのあるピアノイントロが流れてくるとひそひそと”Awaken”だ・・という声が聞こえてきました。そうHEAVEN SHALL BURNの”Endzeit”です!イントロの”Awaken”が終わるとメンバーが登場し、いきなりへヴィーなリフがガツーンと叩き込まれてヴォーカルの激しいスクリーム!体格にふさわしい激しいスクリームとともに早くもサークルピットが回り始めてフロアがカオス化wwwさすがに演奏巧いひとがそろっているだけってライヴの盛り上がりも半端なかった!2曲目はTBDMで、曲名はわからなかったけどピットとモッシュの連続だったw交互にHSBとTBDMの曲を一曲ずつ演奏してアンコールかな~と思ったらそのまま終わりでみんなびっくりしてたwww一瞬で終わってしまったと思わせるほどのモッシュ続きの怒涛のネキウェンのライヴでした。

て感じで久々のブログにしては怒涛の勢いで文字書いたんでつかれましたorz...

あしたこの続き書きます!はやくAGOFの記事までいきたいんだよ!



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

2012年12月28日 (金)

12/27 CLAP & HOLD M/Y HANDS!! VOL.2 @渋谷WOMB

Womblive_img 

おはようございます(* ̄0 ̄)ノ
昨日で大学の授業も終わり今日から冬休みに突入しgdgd生活に歯止めが利かなくなってます。

そこで翌日である今日がひまだと知っていたので昨日は年納めのライヴに参戦してきました!TwitterのアカウントでフォローさせていただいているSleeping In My Memoryさんの告知でイベントを知ったのですが、なんとチケ代がタダで、ドリンク代のみということでまたお気に入りのバンドが増えるかな~という軽い気持ちで行ってみました!

出演バンドは出演順に・・・

SLEEPING IN MY MEMORY
Simm

SFPR
Live_20121227_img01_2

THE GAME SHOP
Gs_artist_photo_s

NEW BREED
Whoweare

NANO SOUND MUSEUM
Nsm

という五組でイベントの開始は17:30からでした。
クラブ通いユーザーではない僕は知らなかったんですが渋谷WOMBって日本最大規模のクラブらしくて海外からも評価が高いらしいです!

そしてその”最新”を走るクラブWOMBでこのようなロックイベントが行われた理由とは・・・・

それはロック×エレクトロの融合を深めるイベントだったのです。

最近のUSトレンドを見てもストレートなロックよりエレクトロを導入したダンスロックが流行っている傾向がありますし、日本の若手ロックバンドもそういったサウンドを武器にしているバンドが増えているように思います。メタラー視点から観ると最近のピコリーモのブームとかはまさにそうですよね。

ということで出演バンドはそれぞれの音楽スタイルを持ちながらもロックとエレクトロ両方の要素を取り入れたという点では共通なわけです。ではそれぞれのバンドについて紹介していきましょう!

まず、東京出身エレクトロ・デュオのSleeping In My Memory。
メンバーはサンプラー&スクリーム担当とクリーンヴォーカル担当の二人組で、割と王道のエレクトロ・ポップをやっています。ロック色の強い曲になるとサポートのドラマーが加わって多少バンドらしくなりますが、2人編成だと広いステージが閑散としているように見えてしまったのが残念でした。また、2,3曲目にバラード曲を持ってきてしまったりしたためにフロアーの盛り上がりが今一つになってしまった気がしますが、家に帰って音源を聴いてみるとキャッチーでノリノリのエレクトロで、ぶっちゃけライヴより音源で聞いたほうが楽しい感じのバンドだと思いました。曲によっては疾走感のあるスクリーモみたい感じの曲もあったし。YouTubeに先日発売のEPから5曲が上がっているのでぜひ聞いてみてください!けっこうカッコいいですよ!


次のアクトはいかにも怪しい風貌のsfpr。
こちらは先ほどの打って変ってエレクトロビートでノリノリのグルーヴを作りあげながらもサウンドのメインはストレートなロックです!音源で聞くとエレクトロとエコーがかったヴォーカルが目立つのですがライヴで聴くとストレートなハードロック調のギターリフが目立ったのでいっそうロックよりのバンドだと思いました。ただ、ダンスビート中心である先ほどのSIMMでのり切れなかったのが、生ドラムとギターリフのリズムが入るとノリやすくなったので改めて僕はロックよりの人間なんだな、と認識。ただ、ライヴでは特に目立つような動きとかもなかったのでライヴアクトとしてはそこまでかな~って感じもしました。
下に張った曲とか結構ノリノリだしロックとしてもカッコいいと思う。ベガス好きな人おすすめ!



そしてようやくロック魂に火が付き始めると、なんやら任天堂っぽいサウンドが聴こえてきて・・・・登場したのは大阪出身のTHE GAME SHOPでした!
6人組(?)くらの大人数編成だったのでさきほどの二組に比べるとどっとステージが華やかでした!メタルコア/デスコア界隈でもNINTENDO COREという怪しい音楽をやっている集団が何気にたくさんいますが、TBSもそれに近い音楽性だと思います。といってもデスコアほどリフがへヴィーだったりしませんが、スクリームもあるし、トランスちっくに疾走→ブレイクダウンとかはけっこう最近のサイバーコア/トランスコアといったバンドに通ずるものがあると思います。自らをDrum&Bass Rockと自称するあたりsfprと比べてもエレクトロ要素が強いバンドでしたが、ドラムンベース自体が疾走感の強い音楽ですので早いロックと合わせると結構面白い音楽でした。また、大阪のバンドというのもあるのでしょうか、前2バンドに比較してライヴの煽り方もすごく上手でやっとブレイクダウンパートでのツーステップ、へドバンなどより体を使って楽しむことができました。スタイルのいいヴォーカルを中心にメンバーのステージ上の動き方も激しくてライヴアクトとしての成長が期待できそうでした!ライヴ終わりも美しいライトの演出、クラブミュージックあがりのセンスあるエンディングソングが印象的でした。
下に張った曲とかはドラムんベースの疾走感、ダブのグルーヴ感とデスコアちっくなメタリックな攻撃性がうまく融合してて面白い曲だと思います!

そしてやっとノリノリになってきて登場したのが東京のピコリーモバンドNEW BREED!

他のバンドが若干おしゃれなマーチャンダイズを販売している中でひとつだけハード系なTシャツなどを販売しているのを見た時から、スクリーモっぽいバンドも出るんだ~と思っていましたが、本当にその通りクオリティの高いピコリーモでした。ギターリフも登場バンドのなかで一番メタリックで激しかったし、ブレイクダウンもたくさんあり、またシンガロング&ギャングヴォーカルパートもあったので一番メタルよりのバンドでした。だから余計昨日のようなクラブではなくライヴハウスでもう一度見たいなーと思うバンドでした。ギターの人の頭の振り回しっぷりが凄かったことが印象に残っています。YouTubeで音源聞くと最近のAttack! Attack! WCARに近いようなハッピーだけど激しくていいバンドでした。ライヴパフォーマンスも若干貫禄さえ感じる安定感で、MCもかっこよかった!

ということで目当てのNEW BREEDが観れたことでラストのNNMを観ずに帰ってしまいました (笑)

それは理由があるのですがこれはあとで書きます・・・・・

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

2012年10月28日 (日)

初ラウドパーク!!!!!

Loudpark2012rogo120807

ついに昨日LOUD PARK2012に参戦してきました!!!!!
昨日でラウパ初参戦だったので、メタラーの先輩に連れていってもらい、たまアリ(=埼玉スーパーアリーナ)へ!
すると黒服の軍団がずらずらとwwwwwてかツイッター上ですでに2000人ほど並んでるという情報があったので分かってはいましたが凄い人の数でした!まぁ物販にはそこまで興味がなかったので並んでる人のバンドTシャツを見ながら先輩とはなして待ってました。
まず、タイムテーブルを確認。
3d69244b
2chメタル板ラウパスレより拝借。
僕の予定としては(一応)アモット弟→ Circus Maximus チラ見→ NAGLFAR → HIBRIA → Dragonforce チラ見→1349→IN FLAMES→C.O.B→SLAYER
という感じで見ようと。

なんだかんだしてるうちにクリスが始まる!が曲も会場を温めるような感じではなく40分の持ち時間をもてあましたのか30分で終了というお通夜っぷり。まぁどうでもいいっか。

次に初来日のプログレッシヴ・メタル・バンドCircus Maximus
本命NAGLFARの準備のため、2曲しか観ませんでしたが、さすがプログレッシヴバンドということで演奏の安定感は勿論安定していて、しかもヴォーカルの調子がとてもよく声がガンガンに通っていてカッコ良かったです。

そして僕の本命NAGLFARへ!!

セトリ:

1. Pale Horse
2. Spoken Words Of Venom
3. The Darkest Road
4. The Perpetual Horrors
5. 12th Rising
6. I Am Vengeance
7. The Brimstone Gate
8. A Swarm of Plagues
9. Harvest

開始30分前から陣取っていたおかげで前の方で見えてよかった!
セトリはまぁ予想通りだったけども12th Risingやってくれてよかったし、一曲目からフロアの盛り上がりは凄くてファストパートになるとすぐピットが出来て、前の方ではクラウドサーフも始まりエクストリームステージの一発目としてすごくいい活躍でした!多少音響が悪くてギターの音が聴き辛かったけど、禿髭集団のタイトな演奏といい選曲で素晴らしかった。" I Am Vengeance" , "A Swarm of  Plagues"といった名曲最高でした。

で終わると、ライヴアクトとして評判の高いHIBRIAへ!
若手バンドなのに抜群の演奏力、調子の良かったヴォーカルのフロア煽りのうまさもあり、ベテランバンド並の安定感ですごく盛り上がりました!知ってる曲はタイガーパンチとSteel Wheelなんとかくらいだったけど聴こえたコーラスを歌ったりしてすごく楽しかった!後は曲の区別がつくようになればなぁ 笑

お次は本命1349の前にすこしだけイケメンバンド
初の新ヴォーカルを観ると、細マッチョのブロンドさんで声もハッキリ通るしMCもなかなかで期待通りのプレイヤーでした。で、後ろの方を観るとキーボードさんがずいぶん変わり果てた姿に・・・・
また、髪が薄くなっていると評判のサムは、何故かニット帽なんか被ってしかもライヴではほとんど動かない陰キャラに・・・・・
そしてあのイケメンが! 髪薄くなりすぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
しかもなかなか斬新なハゲ方でしたwww

まぁライヴは演奏も上手だったしバンドメンバーもたくさん動いて華やかなステージでしたしよかった。

で次は大本命1349
はりきって開始30分前から前方で待機していて、出てきた瞬間は「マジカッコいい!!!!」ってウキウキだったんですが、耳栓をしているのにもかかわらずその殺人的な音量にビビり30分くらいで飯タイムに撤退するチキンプリでした・・・・・・

122

写真ブレまくりですが、ヴォーカルとギターとドラムが映ってるのが見えると思います。

ですが意外なコトに1349はすごいライヴアクトで、曲紹介といったMCは全くなくタイトに演奏を続ける華やかさは無いライヴでしたが、ライヴ中はギター、ベースもよく動きまわり、ヴォーカルはポイントごとにカッコよく客を煽り、ライヴの盛り上がりは凄いモノでした。また、ギターもイントロのギター速弾きで見せ場を作ったりと意外とライヴ経験が多いような感じがしました。ブラックメタルバンドとしてはかなり凄いモノでした。あとヴォーカルがカッコよかった!

で1349を観た後はIn Flamesを最前線で観るためにBuck Cherryを観にいきました。

音楽は聴いたことが無いバンドでしたが、なんかサマソニとかフジロック的な爽やかさのあるハードロックで、音楽はとてもよかったです。選曲も良かったし演奏もよかったのでライヴは凄く盛り上がっていました。ただ、お洒落っぽい格好は気に食わなかったですが・・・

でその隣で演奏をしていたのはソナタでした。アメリカンなBuck Cherryが終わった後で青っぽい照明、シンセサイザーのおかげで北欧の景色が想像できるステージングでなかなか良かったと思います。まぁ曲はほとんど知らないのでふーん、といった感じでしたが・・・・ただ、ヴォーカルの煽りも良かったし、3rdらへんの曲が最後に流れるとIn Flames待ちの連中も軽くヘドバンし始めるなどライヴはよかったと思います。最後の曲"Don't Say A Word"が終わるとクラシカルなメロディが流れ始め、メンバーが肩を組んでお辞儀するというちょっと涙が出そうな感動的エンディングが印象的でした。

50分以上並んで待って登場したのはインフレイムス!

123

メンバーが登場するといきなりおしくらまんじゅうになったのでステージの写真は撮れませんでした・・・・・

セットリスト

1. Sounds of a Playground Fading
2. Delight And Angers
3. Where The Dead Ships Dwell
4. Reroute To Remain
5. Bullet Ride
6. Embody The Weak
7. Cloud Connected
8. Fear Is The Weakness
9. The Mirrors Truth
10. System
11. Deliver Us
12. Take This Life
13. My Sweet Shadow

正直に言うとIn Flamesのアルバムは一枚も持ってないし、代表曲を何曲か聴いただけでした。でも一曲目の”Sounds of a Playground Fading”が始まった瞬間モッシュが始まり、コーラスになると周りの人がシンガロングし始め、一回目のコーラスで聴きとった歌詞を2回目からは歌ったりしてとても盛り上がりました。セットリストは最近の曲が多めでしたが、最近の曲はライヴ映えする曲ばかりなので前のソナタと違ってフロアからの反応も熱かったので印象的でした。また、Embody The Weakといった中期の名曲も演奏してくれてセットリストも良かったです。ほとんどの曲は初めて聴いたのですが、” Reroute To Remain”を初めてとして一気にIn Flamesのファンになりました。モッシュとサークルピットで暴れまくってたのにコーラスではシンガロングする、いいライヴでした。カラオケでも歌う”Take This Life”の時は「メタルっていいもんだなぁ」って感じになり、終わるのが惜しかったです。

でインフレイムスを観終えると走ってChildren of Bodomのステージへ!

セトリ:

1.Warheart
2.Hate Me!
3.Silent Night, Bodom Night
4.Shovel Knockout
5.Needled 24/7
6.Everytime I Die
7.Follow the Reaper
8.Angels Don’t Kill
9.In Your Face
10.Blooddrunk
11.Hate Crew Deathroll
12.Downfall
—————————-
13.Are You Dead Yet?

In Flamesの時もピットは凄まじかったですが、C.O.Bの時はエクストリームステージという場所の関係もあり、最大で4つのピットができるほど盛り上がりました!しかもピット&モッシュの頻度もインフレイムスの時とは比べ物にならないほどで、とてもじゃないですけどSLAYERに行く気はほとんど失せてました(笑)セットリストも安定感のある名曲と近年の代表曲で新鮮さはないもののフロアの盛り上がりは最高潮でした。アレキシのfuckingだらけのMCも相変わらずで面白かったし、もうメロデスの雄としての貫録さえ感じました。ライヴそのものもカッコよく、パフォーマンスでいえばナンバーワンといっても過言ではありませんでした。

でC.O.Bが終わり、飲み物を買って適当な地べたに座って休憩。「まぁSLAYERなんてAngel of Death以外分からんしwww」とメロデス2バンドで使い果たした体力回復に30分ほど使い、アリーナ席の2回からライヴを観ることにしました。そこから聴こえてきたのは耳栓をしててもズッシリくる大音量と、メタルの帝王に相応しい圧倒的な曲たちでした。はっきり言って曲はどれも似たような感じですが、そんなことを言わせない圧倒的な迫力!いや~やっぱり凄いねSLAYER。。。。。。。なんか途中から唖然としちゃいましたあまりのカッコよさに。あっという間に時間は過ぎてAngel of Deathが始まり会場の盛り上がりはMAXでした。あとアルティメットステージの半分以上の大きさになってたサークルピットは止まることなく廻りまくってて凄かった!

て感じでバンドの個人的感想は終わり!!!!!!!!できればライヴに定評あるHALESTORMや意外とよかったというHELLOWEENも観たかったしアーティストはアモット弟ソナタ以外すごくいい面子だったと思う。でも物販買えなかったのは残念だったなぁ・・・・

初めてのラウパでこんなに満足できてホントに幸せだった!!!!!!!足と首はボロボロだったけど一生残る思い出になったと思う!

ありがとうラウドパーク。そしてファンの為に最高のパフォーマンスをしてくれたバンド達。

次はオッズフェストが本当に楽しみ!メタル最高!もうこれがなきゃ生きていけないよ!


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

1349 | 65DAYSOFSTATIC | A CHANGE OF PACE | A Death For Every Sin | A LOSING SEASON | A Perfect Murder | A PLUMBER'S NIGHTMARE | A Shroud Cast Over | A SKYLIT DRIVE | A THOUSAND FALLING SKIES | A Westward March | Abated Mass of Flesh | ABOMINATOR | Absolved | AEON ARCANUM | AGATHODAIMON | AGRACEFUL | Alessa | ALL ITS GRACE | ALL THAT REMAINS | AMON AMARTH | An Autum For Crippled Children | ANACRUSIS | Anal Vomit | ANGRA | ANIMOSITY | ANOREXIA NERVOSA | Apex of Apathy | ARCH ENEMY | Arising From Atlantis | ARTILLERIE | AS HELL RETREATS | ASTERIA | ASTRAL WINTER | ATTACK THE CITY | AUSTERE | AXIS OF ADVANCE | BALBOA | BALLBIRTH | Barcadia | BASTARD CHILD DEATH CULT | BASTARTH | BATHORY | Beartooth | Become Wrath | BELPHEGOR | Black Friday '29 | BLACKMASS | BLESSCODE | BLIND STARE | BLODARV | Blood For Blood | Blueturnswhite | Born From Pain | BRAIN DRILL | BREAK THE SILENCE | Broken Promise | Burning The Masses | CATAMENIA | CATHARSIS | CATHERINE | CATTLE DECAPITATION | CD購入記 | CHANGE OF HEART | Confronto | CONVERGE | COPYKILL | CROSSFAITH | CUSTARD | D'espairsRay | Dare To Fall | DARK FIRE | DARK FUNERAL | DARKMOOR | DASYCOMEAGAIN | DAWN OF TEARS | DEAD BY APRIL | DEAD DREAMERS | DEAFEST | DEATH | DEATH IN VEGAS | DEATHGAZE | Deception Of A Ghost | DELTA | DEMONICAL | DESPONDENCY | Deviations | DEViL KiTTY | DEVISER | DIABOLIC | DIGNITY | DIMMU BORGIR | DISSECTION | DORIAN GRAY | DOWNLOAD FOR FREE! | DRAGONFORCE | Dreaded Downfall | EIGHTEEN VISIONS | Emmure | EMPEROR | ENFORSAKEN | ENRAGED BY BEAUTY | ENUMA ELISH | ESKIMO CALLBOY | EVERWHERE | FACT | False Plantiff | FIELD OF FOREST | FIGHTSTAR | FIST OF THE NORTH STAR | FOR THE FALLEN DREAMS | Fordirelifesake | Foreknown | FOREVER IN PROMISE | Forget Tomorrow | FRESH COATS | FROM AUTUMN TO ASHES | From First To Last | FUELED BY FIRE | GAMMA RAY | GLAMOUR OF THE KILL | Going Home In A Body Bag | GONKULATOR | GRACEFIELD | GRAVE | Guilty | HEAVEN BELOW | HEIMDALL | HELLOWEEN | HIEMS GELIDA | HIGHLORD | HOLY SAGGA | HOLYBUTTONS | Hope For The Dying | HR/HM NEWS | HUMAN ERROR | HYDE | I AM GHOST | I Am The Deceiver | I Declare War | I DEFY | ILL NINO | IMPELLITTERI | IMPERIAL SODOMY | IN AETERNUM | IN FEAR AND FAITH | In Ruins | INNER SHRINE | INORAN | INTENSE | INTERNAL SUFFERING | Jennie | Jim Jams | JUST SURRENDER | KARELIA | Kid Gorgeous | KISAKI PROJECT | KORIZA | LEGION MORTIFERE | LIVING LIKE GHOSTS | LIVING SACRIFICE | Lumnos | Lustknot. | lynch. | LYRINX | Make Them Suffer | MARDUK | Massacre Conspiracy | METALLICA | MISS MAY I | MOLOTOV SOLUTION | MOONLIT WAKE | MORIFADE | MORS SUBITA | Motionless In White | MOVE FORWARD | MR.BIG | MY EGGPLANT DIED YESTERDAY | MY LOST YOUTH | MYSTIC CIRCLE | NABBATH | NAUTILUZ | NECROPSIA | NETHERBIRD | New Release Information | Nihil Domination | NILE | NIRVANA | None of Your Business | NOSTRADAMEUS | Nörthwind | OLD MAN'S CHILD | OLEG SERKOV | ON THORNS I LAY | ORIGIN | OURLASTBREATH | Outlier | PAPA ROACH | PAUL GILBERT | Phoenix | PIGBOAT | Poison The Well | QUINTA ESSENTIA | QUINTESSENCE | RAGE | RECIPIENT13 | REDRUM | Reflux | Remembering Sensation | REQUIEM FOR THE DEAD | RETH | REVEILLE | ROYAL HUNT | RUNAMOK | RUNIC | Sadie | SAMIAM | SCARTOWN | SCAVENGER | SCREW | SECRET SPHERE | SENSES FAIL | SEVEN GATES | SEVERED HEAD OF STATE | SHADOWS OF STEEL | Shallow Water Grave | SHARKS! | Shores Of Attica | SIEBENBURGEN | SIGH | SILENCE THE ASSEMBLY | SILENCER | SIMPLE PLAN | SINAMORE | Sinners To Saints | SKILTRON | SKYLARK | SKYWAY! | SLAYER | SLIPKNOT | SODOM | SONIC SYNDICATE | SORDID CLOT | SOULS FOR SALE | Stalemate | STORMLORD | STORMNATT | STRATOVARIUS | STRIGAMPIRE | SUFFOCATION | TAAKE | TAKING YOUR LAST CHANCE | TERRA SUR | The Afterimage | The Air I Breathe | THE BEST OF THE WORST | The Bloodshot | The Color Morale | The Compromise | THE ELYSIAN FIELDS | THE FIRSTBORN | the GazettE | THE GHOST INSIDE | THE INVISIBLES | THE PIGEON DETECTIVES | The Potter's Field | THE PROFANE | The Royal Arch Blaspheme | The Storm Picturesque | THEATRES DES VAMPIRES | This or the Apocalypse | THROUGH PLAGUES | THROUGH SCARLET EYES | Thränenkind | To Release | Too Pure To Die | TRAIL OF TEARS | TRAUMA | TRIDENT(SWE) | TYRANT | ULVER | UNEARTH | UNHOLY RITUAL | URKRAFT | V.A | Verbera | VERGISSMEINNICHT | VESANIA | VINCE NEIL | VISION DIVINE | VISION OF DISORDER | War Of Ages | WE ARE THE ILLUSION | WHAT SAY YOU | When Giants Sleep | WODENSTHRONE | Wolf Down | WOLFEN SOCIETY | WOLFPACK UNLEASHED | Wolves In The Throne Room | WYVERN | XForgotten FruquencyX | Хранители | 「Story of Hope」 | その他 | ちくわしなちくちくわ | やる気ない | ライヴ参戦記 | 凶音 | 最近気になるバンド | 鐘馗

ブログランキング

相互リンク

  • クソ (へっくん)
    最新のポストハードコアを中心に紹介してます。シーンの最前線に居たければチェックすべし。
  • Hard, Loud, Dirty and Proud! / X(Peke)様
    ハードロックからメタルコアまで幅広い新譜アルバムのレビューを丁寧にされています。全メタラーさんが参考にできるレビューサイトです。
  • Thrash Attack!!(へたれ学生様)
    オールドスクールなスラッシュメタルを中心にマニアックなNWOBHMも紹介しているレビューブログです。オールドスクールで攻撃的なメタルが好きなメタラーさんはすごく参考になると思います。
  • Hail The Metal(Metal系YouTube動画保管庫) (LITANY様)
    主にYouTubeやbandcampといったサイトで仕入れた超アンダーグラウンドなエクストリームメタルバンドを紹介しているブログです。メタルコア/デスコアからブラックメタルまで幅広くカバーされてて情報収集力に脱帽します。
  • 調子にのったメタマニがブログをはじめましたよっと....φ(・ω・` )カキカキ(メタマニ様)
    Twitterでもクサメタルについて多くのつぶやきをされてるクサメタルを愛好する管理人さんによるブログ。メジャーバンドの新譜情報やマニアックで素晴らしいバンドの発掘など、情報量の多さが魅力的です。
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31